マインド

キャリア・恋愛・待遇。環境に振りまわされない!|自分軸を持って執着を手放す方法とは?


以下、動画の内容+αについて解説しています。
併せてご参照くださいね♪ 
 
 

こんにちは、モモです。
突然ですが、あなたは忘れられないものや執着してるものってありますか?
わたしは過去執着していたものがたくさんあったし、今は今でちょっとあります。(笑)

当時は、別れた彼氏とか、服、化粧品、もらったもの、使わないけど思い出があるもの、キャリア、などいろいろたくさんありました。ですが、環境が変わったりする中で捨てざるを得ないものが増えて(泣く泣くではありますが)手放していくにつれ、執着しているものがあるとすぐそばにある新しくてもっと良いものに気づけないんだということに気づくことができました。
今回、私自身ちょっと衣類の断捨離をしているところでして、改めて執着と手放しについて考えてみたいなと思います。

執着って損をしたくないって意識


執着ってどういうコトなんでしょうか?
以前一大ブームになっていた断捨離が取り上げられていた際は、「もったいない」「ときめかない」といったものを溜め込む意識のような感じでしたね。

それももちろん多いにあると思いますが、執着とはモノだけに限りません。キャリア、恋愛、勉強、ゲーム・・・そんなことにも執着はあります。

「ここまで頑張ってやってきたから諦めたくない。」

「せっかくやってきたのにここで止めるのはもったいない。」

「今までで一番なところまできているから手放すのが惜しい。」

これら全部に共通して潜在していることなのですが、つまり、自分が投資してきた時間や積み上げてきたものに対して損をしたくない”という気持ちのうえに執着は成り立っているのです。

どんなにものに執着するのか


わたし自身は、思い返すとキャリアや持ち物に結構執着していました。

保険会社に勤めていて役職もついていたので、それを捨ててしまうのが惜しいと思っていました。5年ほど勤めていましたし、その間自分が会社に費やしてきた時間や頑張って取得した資格ポジション福利厚生・給与といった手当。同じ年代の周囲と比べて良い条件だと思っていましたし、手放したらこれ以上の良いものはほぼ確実に得られないと確信していたので(完全に思い込みですが)、本当にもったいなかったんです。こんなふうに文字にするとよくわかりますが、明らかに“損をしたくない”から辞められませんでした。(苦笑)


そして持ち物。服なんかは特によくあるのですが、ちょっとサイズが合わないものなんかは「ダイエットしよう」「来年なら着るかな」とか、「高かったからなぁ・・・」「捨てるほどではないかな・・・」なんて、理由を探していつまでも置いておくことが多かったです。

そんなふうにしていると、本来自分が着るべき服とか似合うものを探そうという意識がなくなります。そうして本来自分に似合うものがわからなくなるし、その分収納のスペースも取られてしまう。似合わない服を着た自分がデフォルトになってしまう。これって自己肯定感を下げるので潜在的にも結構恐怖です。しかもぎゅうぎゅうのクローゼットでは、服選びの時に毎回イライラしてしまい精神衛生上も良くないですし。新しい、良い服を入れることができません。


恋愛関係でも執着、ありますよね。別れた相手を想い続ける。私も長い時で1ヶ月くらいありました・・・。(不毛)
執着していると悩むので本当に心のエネルギーを使います。進もうか止めようか。やめるべきだと思うけど忘れられない。それでももやもやとずっとそういうことを考えてしまって、どうにも動けなくなる負のループ。復縁って難しいと言われているし。成就したとしても気持ちの引っかかりが残ります。

不毛だとなんとなくわかっていても勝手に頭が考えてしまうというのがつらいんです。もっと素敵な彼が近くにいるのにとか想ってくれてる人がいるのに気づけないということもあります。それってとても勿体無いですよね。OLしてると基本出会いもないし、前の彼を忘れられない環境になってしまっているのかもしれません。

 
ビジネス的にも「執着」がよくない、というのはあります。例えば一つの事業がうまくいった体験から同じような事業で同じようなやり方を繰り返していても時代の流れとともに売れなくなったりするんです。ですが、執着していると昔の成功体験をひきずってまた同じ方法でもいけると思ってしまって、新しいマーケティングや新しいセールス手法にチャレンジできなくなってしまう。変化の波に乗れないということは、そのまま売り上げが伸び悩んでしまうという結果につながってしまうのです。

執着してるとどうなるのか。手放すとどうなるのか。


執着というのは良くないです、という例をいくつかお話ししましたが、本当に良いことはありません。執着してるということは、両手いっぱいに要らないものを抱え込んでる状態と一緒なのです。新しくていいものが舞い込んできても、受け取れずに見送らざるを得ない。しかも厄介なことに、執着している状態だと、今抱え込んでる客観的に見ると要らないものがなぜかとても大切で失くしてはいけない宝物のように思えてしまうのです。そんなものを手放すのというのは勇気がいるもの。執着と手放しというのがメディアで題材として多数取り上げられるほどに多くの人の悩みのタネであり、うまく乗り越えられるよう指南を必要とするようなちょっとハードルの高いこととされているのです。


執着は手放しましょうということなんですが、では本当に手放すとどうなるのでしょう?

答えは簡単。先ほども少しお話ししましたが、勇気を出して手放す(捨てる・忘れる・気持ちに区切りをつける)ということをすると、当然ながら今まで以上にいいもの、新しいものがどんどん入ってきます。それによって価値観も生まれ変わり、単純に感動します。これは手放してみないと実際体験できません。
抱えているものが多いと、動きづらくなります。行動しようと思っても心に制限がかかって、「やっぱりいいや」「無理だ」とすぐ心の中で否定してしまうのです。可能性を潰してしまうことにもつながりますから、そういう意味でももったいないのです。 


ちなみに、「気持ちに区切りをつけてもやっぱり思い出しちゃう・・・」と落ち込むことはありません。それは誰しもありますし、1度で認識するほど脳は賢く優しくはありませんので、これも繰り返すことが必要です。迷いは自分を疲弊させ、自信をなくします。とりあえず思い出すたびに、「私はこうする、って決めたから!」って自分に言い聞かせましょうね。そういったことを続けていれば、自然と脳も認識していきますから迷いも消えます。「こう決めた!」という自分の考えを貫けたという経験は大きな自信にも繋がります。
何事も一度では無理。じっくり向き合い、継続していくことが大事だということを心に留めておいてくださいね。

まとめ


人間は、「失う」ということに恐怖する生き物です。しかし、執着は前向きなあなたを引き止めてしまう。どんどん手放していって新しいものをどんどん手に入れていくという意識は大切です。それは考え方であったり物であったりいろいろですが。

今のあなたを作り上げているもの。今の身の回り、環境・関係性・持っている持ち物、要らないものや気持ちを抱え込んでいないかどうか、もやっとすることの原因に執着が潜んでいないかどうか時々チェックしてみてください。

軽やかに気持ちよく過ごせるよう定期的に意識してみてくださいね。

 

 


モモのメルマガでは、自分らしい生き方をするために「経済的・時間的・精神的」自由
手に入れることを目指すマインドや、具体的なスタートアップについて配信しています。
モモの実体験含めたアラサーOL女子ネタも赤裸々に話してます笑)

自分の人生を自分が選択肢を持って生きるために。迷わず成功を掴むために。  

全てはあなたの行動次第。 

【登録無料・限定プレゼント付き】※いつでも解除可能です
無料メルマガ購読する

 

ABOUT ME
モモ
愛媛出身/乙女座/O型 副業・独立起業コンサルタント。 会社の人間関係が嫌でOL退職し起業。開始から半年足らずで月収80万達成。 より早く安定した資産を構築し、人生の多くをより豊かで充実した時間に充てる、「働かないために働く」をコンセプトに、コンサルティングをしています。 人生を変えたいアラサー女性を 全力支援・育成中。
RELATED POST