ビジネス

【起業という選択肢】向いてる人は?起業したらどう変わる?主体性のある働き方・生き方を選びましょう

国の政策と現実。主体性が必要な時代


このところ耳にする機会の増えた「働き方改革」。「少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少」や「育児や介護との両立など、働く方のニーズの多様化」といった問題解決に向けて労働者の置かれた個々の事情に応じ、多様な働き方を選択できる社会を実現していくスタイルが提唱されていますね。 

そして2019年4月から「働き方改革関連法案」の一部が施行されるにあたり、私たち自身ももっと主体性をもって自分の働き方について考えていく必要があります。 


私がOLをしていた頃、やはり毎日の残業や不定期な休日出勤といった長期労働があり、なかなか自分がホッとできる時間が取れず、気力体力ともに厳しい時がありました。

数年前に社内でワークライフバランスについての内部規定が追加されて、ほんの少しの労働時間の軽減はありましたが、実質浸透していくには本当に時間がかかります。繁忙期や業務のかさむタイミングなどはどうしても仕事優先となりますし、仕事が終わっていたとしても、残業で上司や同僚が残っていたら帰りづらい雰囲気もありました。 

労働環境の実質的な改善として受動的に構えて与えられるのを待つだけでは、時間ばかりが過ぎてしまいます。これからは働き方を含めライフスタイルについて主体的な姿勢で自ら選択していく時代なのです。 

 

自分でビジネスをする、という選択肢


そんな中でも私がお勧めするのは「起業する」、「自分でビジネスをする」という選択肢です。
現代はインターネットの恩恵を受ける素晴らしい時代。それを日常で当たり前に使用することができる私たちの環境はそれだけでかなり有利なものなのです。
なぜ自分でビジネスをしていくこと(特にインターネットビジネス)が良いのか、その理由として以下が挙げられます。

・ビジネスを始めるにあたっての費用(初期投資)はほぼゼロ。
 そのため失敗のリスクは無し。

・人間の心理を理解・把握できるため人間関係が円滑になる

・マーケティングスキルを得て、どんなものでも好きなように売ることができる

・仕組み構築やシステム化をすることで時間的自由を獲得できる

・レバレッジがかけられる(小さな力で大きなものを動かせる。1人でも大多数の顧客をもてる等)

・他人や会社に依存しないため環境や経済情勢に振り回されない

・物事の本質を見抜く目、思考を持てるため表面的な情報に左右されない 

・尊敬し合え、切磋琢磨できる人間関係の中に身を置ける

・スキルを習得し、成長していくこと、そして影響力を与える存在となることで自分に自信が持てる
 

ビジネスにおいて今の時代・環境だからできるインターネットにおけるツールを活用していくことは、個人に限らず大企業においても必須となっています。大きな力が勝つのではなく、変化に対応できるかどうかというところがこれから益々社会で重要視されていくものとなるのです。
個人がビジネスをしていくにあたって有利な条件の揃う今だからこそ、他者に左右されず本当の意味で自立した生き方を選択していくべきではないでしょうか。

当てはまれば、あなたも起業家の素質アリ?


これだけのメリットがあると興味も湧いてきますよね。
でも起業なんて本当に自分にできるの・・・?と思いませんか?
私ももちろん最初はそう思ってものすごく怪しんでいました。何か特別な才能とか環境がないとできないんじゃないか、とかですね。
ですので、私が思うに「起業・独立」するのに向いているであろう人、つまり自分でビジネスを行っていくことが心地よく、そして伸びやすいタイプ・性格についてイメージしやすいよう独断と偏見と自分の経験からまとめてみました。(笑)

・自分よりできてるように見える人を見ると落ち込む

・誰でもできるはずなのになんでできないんだと焦る

・人に関わっていくと関係を保つために頑張らないといけないのがしんどいと思ってしまう

・自分は人付き合いが下手だ

・結果を急いでしまう

・動いてないと焦ってしまい、結果休めず、倒れる

・自分には価値がない

・落ちこぼれるのが怖い

・やり始めたら(波に乗れたら)自分は結構できるんじゃないかと思う

・まだ本気出してないだけ

・一度止まったら走り出すまでに時間かかる

・なんだかんだ言うけど勇気を出して飛び込むし飛び込める

・やると言ったらやるバカ真面目不器用 

・素直

こういったタイプに当てはまる方は、素質十分かと思います。なにせ私がそうでしたので。(今もちょっとそういうところあります。)(苦笑)ネガティブな要素をもっていたり、あくまで普通な人が起業家として成功している例は多々あります。

社会生活をしていくにあたり、どうしても馴染みにくい環境は存在します。労働条件がきついところや人間関係の問題があるといったところなど自分ではどうしようもできない状況であるとひたすらに耐えるしかありませんよね。私もモラハラ・セクハラに酷く悩まされました。
そういった環境にずっと身を置いていては、あなた自身の可能性も花開かず、ひいては大きな機会損失となってしまうのです。

自分でビジネスをしていくにあたり向いている人について上記例をあげてはいますが、結局のところ大切なのは「できるか、できないか」ではなく主体性を持って、自ら行動して獲得していくこと「やるか、やらないか」、ただそれだけです。 

起業すればどんな生活に変わる?どんな未来が待っているのか。


では、実際起業してみるとどんな日常が待っているのでしょう。イメージしやすいよう、ほんの一例ではありますが挙げてみました。

◆自分のペースで起きて、朝ゆったりと過ごせる

◆自分が行きたいときにカフェ・旅行に行きまくり

◆値札を見ないで買い物

◆毎朝満員電車に押し込まれて消耗する日々から解放される

◆職場で顔色を伺いながら気を遣って仕事をしなくていい

◆仕事はカフェでも、旅先の旅館でも、ビーチでもできる

◆納期に追われる生活からの脱出

◆気の合う仲間と切磋琢磨し、成長できる

◆周りには好きな人・尊敬できる人・大切な人が溢れる

◆身体も心もいつも活き活きして、小さな幸せも感じられる

◆心に余裕ができるので人の役に立てる

◆自分も周りも笑顔でいられる

◆好きな人のために家のことをしっかりできる

◆金銭面にゆとりをもちながら子どもとの時間を大事にできる

◆周りと比較される世界からの脱出

◆物事の本質を理解し、情報に振り回されない

◆自分が信頼でき、自信をもって生きられる

こういったことが現実になるのです。私自身、このような生活が現実にあったとしてもそれが現実的に自分のものになるなんて、本当に信じられませんでした。起業というもの自体も、自分とは関係ない別の世界の人たちのすることのように感じていたのです。

普通にOL・会社勤めをしていて、自分の周りの環境もサラリーマンばかりであれば、縁遠く感じてしまうことは当然かもしれません。私にもずっと「当たり前」のものがたくさんありました。
会社に勤めるのが当たり前この年齢くらいで結婚するのが当たり前休日は土日が当たり前・・・などなど。いつの間にか身動きが取れない息苦しい状況に自分で陥ってしまっていました。大学生くらいの時に起業という道を知っていたらなぁとよく思います。笑

しかし、世間体や常識、他者の意見に縛られず、自分の人生をどのようなものにしていきたいかイメージし、どうすればそれが実現できるのかというところを思考して行動に移していけば、自分にとって心地いい生き方を必ず見つけられます。そういった部分でもやはり主体性をもって自分自身で選択していくということを諦めず行動していく姿勢が大切なのです。

まとめ


「働き方」そして「生き方」というのは自ら選択していく時代です。忙しい毎日の中では自分のことがおざなりにされてしまいがちではありますが、自らが考え、主体的に選択して行動していくことは当たり前の意識として持っていることが必要です。

また、そんな中、時代の恩恵を受けた私たちはインターネットを使って個人としてビジネスをすることが可能であり、それは様々なチャンスと可能性を秘めています。自分が知らなかった知識、そして実践に生きる知識を学び、誰かに喜んでもらえる価値を生み出すことができるというのは、素晴らしい体験になります。喜んでもらえるとまた学び、成長できますし、人間の深みが増すことで人生の密度も濃くなるということです。
自分の可能性の幅を広げ、より幸福度を上げて人生を生きていくために、自分の理想を叶えるために何が必要なのかを改めて意識して自分らしい働き方・生き方を選択していっていただきたいと思います。

 

 


モモのメルマガでは、自分らしい生き方をするために「経済的・時間的・精神的」自由
手に入れることを目指すマインドや、具体的なスタートアップについて配信しています。
モモの実体験含めたアラサーOL女子ネタも赤裸々に話してます笑)

自分の人生を自分が選択肢を持って生きるために。迷わず成功を掴むために。  

全てはあなたの行動次第。 

【登録無料・限定プレゼント付き】※いつでも解除可能です
無料メルマガ購読する

 

ABOUT ME
モモ
愛媛出身/乙女座/O型 副業・独立起業コンサルタント。 会社の人間関係が嫌でOL退職し起業。開始から半年足らずで月収80万達成。 より早く安定した資産を構築し、人生の多くをより豊かで充実した時間に充てる、「働かないために働く」をコンセプトに、コンサルティングをしています。 人生を変えたいアラサー女性を 全力支援・育成中。
RELATED POST