ビジネス

生保事務を辞めたいあなたへ。ここにいるべきじゃないと思った私が生保事務OLを辞めた理由5つ

こんにちは、モモです。

あなたは「ここは自分のいるべき場所じゃない・・・」って考えたことありますか?

 

私は起業するまでは生命保険会社に勤めるフツーの事務OLでした。

そして、毎日毎日「早く辞めたい」と思っていました^^;

 

しかし心から辞めたいと思っていても、実際退職に踏み切るのはなかなか勇気がいるものです。

 

今回は、私が大手生命保険会社を辞めた理由や、OLを辞めたいと悩んでいるとき考えて欲しいことについてお話ししていきたいと思います。

 

この記事を読んで、

「こういう考え方あるんだ」

「案外大丈夫なんだ・・・」

そんなふうに、

今まさに悩んでいるあなたの気持ちが少しでもほぐれれば幸いです。^^

生保事務OLを私が辞めた理由5つ

私の勤めていた会社は単純に、お給料、福利厚生などといった待遇はそこそこよかったと思います。

そして、世間的に見ても安定した大手企業でした。

それでも私がこの生保会社を辞める決断をした大きな理由は5つあります。

それぞれ見ていきましょう。

明日になるのが苦痛だった

日曜日の晩、翌日の月曜日の出勤を考えて憂鬱になる「サザエさん症候群」、ってよく耳にしますよね。

ですが私の場合、毎晩、でした。

明日も仕事だ・・・会社に行かなきゃ・・・

そんなことを考えて、ため息をついていました。

1週間のうち仕事のことが忘れられる日は、金曜の晩〜土曜日まで。

せっかく週末を友人や恋人と思いっきり楽しく遊んでも、明日が月曜だと考えただけでテンション急降下です。

 

そして、人生という長い時間の中で見たら、新卒から60歳くらいまで働いて約40年仕事をすることになります。(これからもっと延びるでしょうけど・・・)

 

こんなに多くの時間、明日を憂鬱に思って過ごすなんて。

なんのために生きているのかすら疑問に思うような人生にしたくなかった。

 

もっと毎日穏やかな気持ちで過ごし、明日になるのが楽しみでわくわくするような毎日の中で生きたい!と思いました。

だから、私は退職という決断をしたのです。

社内の人間関係に溶け込みたくなかった

私の勤めていた生保会社は制服着用だったので、朝はまず更衣室へ向かいます。

そして、そこでお局集団に遭遇するという、朝イチのバッドイベントから仕事はスタートしました。

朝から上司・同僚の悪口、旦那さんへのグチ、持っている事案や取引先への不満・・・。

それらを後輩社員たちへ振り、同意を求める姿を見るのが本当に嫌でした。

同意を求められた人(私も含む)も、相手の機嫌を悪くしないために頷くしかありません。

影で悪口を言ったり、無視をしたり、休暇をとっていて不在の人の仕事のアラ探しをしたり、他人の失敗を大声で広めたり・・・なんていう人をたくさん見てきました。(怖すぎる・・・)

初めて遭遇した時は、信じられない!とものすごい衝撃を受けたのを覚えています。

(私自身も、しんどいとか、会社滅んだらいいのにとか、同期とグチはめちゃめちゃ言っていましたが)

こんな環境の中にいて悪口とか無視とかする人たちに溶け込みたくない、あんな人たちみたいになりたくない、失敗が怖い、同じ空間に居たくないと本気で思いました。

 

ポジティブなことを言い合える、能力的にも人間的にも自分が成長できる人間関係の中に身を置きたかったんです。

 

だから起業した今、周りに同じ志を持ったビジネス仲間や尊敬できる人たちがいて、

「もっとこうしていきたいね!」

「こんなふうにやっていこうと思う!」など

前向きな言葉を掛け合える。

 

足りないところは補いあえる。

 

失敗は恐怖じゃなく、より成長するための一過程で、前進。

 

それらを日々の中で感じ、活き活きと過ごすことができるようになり、本当に幸せだと感じます。

 

自由になるのが定年・老後からなんて有り得ない!

会社に勤めていたら、当たり前ですが1日の中のほとんどの時間を会社で過ごさなければなりません。

 

最低でも1日8時間。

 

連休や長期休暇なんかもありましたが、せいぜい1週間、多くても2週間ほどでした。

 

そうなると、長期でどこかへ行こうにも限界があります。

休日だと値段も高騰していたり、どこも混雑していて楽しめない、または行きたいシーズンに行けないということもあります。


私は、
やっと取れた会社の長期休暇+連休を使って2週間弱ほどドイツ・イタリアへ旅行に行ったことがあるのですが、2月の極寒の中イタリア観光をしたという思い出があります・・・。^^;

石畳があんなに寒いと思わなかったです。涙

ローマやミラノ、ヴェネツィアなどなど、どこに行くにも寒すぎて屋内観光ばかりを選ばざるを得ない状況でした。

海外に住む友人に、2月はやめたほうがいいとは言われていたんですが、会社の都合上、、というか年長者順に休暇取得をしていくという慣例から、その時期にしか休暇が取れなかったんですよね。。

 

こんな風に、希望のシーズンに行ったり、オフシーズンでのんびりと、時間を気にせず好きなことをしたいと思っても、会社勤めのOLであるうちは不可能です。

だからといって、定年まで働いて、老後自由に・・・なんて、そんなに待っていられませんし、気力・体力的にも実際難しくなっています

今だからできること、挑戦できることをしたい。

「いいタイミング」なんて存在しません。

 

ただ、【やるか、やらないか】で人生は本当に大きく変わるんです。

振り返った時、「一度きりの人生、もっと好きなことをすればよかった」なんて後悔しないようにしたかったんです。

事務OLのお給料の限界が見えていた

私が勤めていた会社は、一応、大手生命保険会社ということで、厚労省が掲げる年層別お給料の平均水準よりは少し高給でした。

(逆にいうとただそれだけでした。)

しかし、平均と比べてお給料が少しよかったとしても、日々の生活で結構カツカツでした。

 

なぜなら、普段の会社でのものすごいストレスを発散するためにお金を使っていたからです。

すり減った心と身体に癒しを求めて、北から南まで大好きな温泉旅行、カフェ巡り、おしゃれなバー、ショッピング、などなど。

(国内とはいえ意外とお金かかるんですよね・・・)

お金を稼ぐために会社で働いてストレスを蓄え稼いだお金でストレスを発散する。

こんな生産性のない負の無限ループでは、いつまで経っても資産が増えることはないです。

つまり永遠に働かざるを得ない、となんとなく気づいていました。

 

それでも、「とりあえずボーナスまでは・・・」と日々をカウントダウンしながら自分にエールを送っていましたが、ボーナスも結局毎月のお給料と同じ末路を辿っていきました。(涙)

そして、お給料についてはまた別の悲劇もありました。 

 

8期先輩のOLさんが教えてくれた給与額が、今の自分と少ししか変わらなかったんです。

さらに、業務をサボってスマホゲームばっかりやってる先輩と、外勤で忙しく働いていい評価を得ている先輩のお給料が同じという事実にもガッカリしました。(この先輩2人は同期同士です)

やりがいもないし、頑張っても頑張らなくても一定で、増えないお給料。

 

それなら自分で起業して、やりがいのある仕事をして収入を得たいと思いました。

努力が結果としてちゃんと返ってくる働き方。

そして何より、お金を稼ぐために働くんじゃなく、幸せな人生を送るために働きたかった

 

こうして今の私があります。

 

毎月必ずこの日にこれだけの収入がある!という意味で安定はないですが、心と身体の大きな安定、そしてコストパフォーマンスは抜群です。

(自動化で、ほっといても数十万の収入が入ってきますから^^)

 

自分だけの価値を求められ、与えられる働き方がしたかった

会社に勤めると、新人研修があり、マニュアルがあり、引き継ぎがありますよね。

これらをこなせば誰でもどの仕事でもできます。

つまり、誰でもいいんです。

 

その人がいなくても替えが効く

「その日居ない?いいよ、別に。誰でもできるから

ある日の上司の衝撃の一言です。

私はこの言葉になかなかのダメージを食らいましたし、自分の仕事がものすごくむなしく思えました。

 

自分だからこそできることをしたいし、自分自身、自分としての価値を提供したかったんです。

 

起業し、成長していく過程で、ビジネスというのは価値提供だという言葉を本当によく耳にします。

ビジネスの本質は価値提供。

私自身がしっかり価値を磨いて、喜ばれる価値を提供できる。

 

自分が世に貢献できること、人に喜ばれることを提供できるんだと知れば、自分に自信を持てるようにもなります。

そして自己肯定感もものすごく上がります。

 

起業してこういったことが自分にできるようになって、やりがいや充実度は半端じゃないです。

こうした働き方ができると、人生に大きな生きがいができるのだと思います。

 

生保事務の仕事が無理、OL辞めたいというのは甘えじゃない


私が生保事務OLを辞めたのは、前述したようなことが要因です。

 

しかし、退職を決断した一番のきっかけは、会社の職場環境、特に人間関係においてモラハラを受けて精神的に追い詰められたことでした。

精神的に切羽詰まった状態だったため、転職なども考えられていない状態でした。

ですが、それでも退職をして、あの時自分を守る選択をして本当に良かったと思っています。

メンタルを病んでしまったら、健康な状態まで戻すのは本当に大変ですし、つらいです。

 

真面目な人であるほど責任感が強く、無理して限界まで頑張りすぎてしまい、なかなか辞めることができない、ということがあります。

 

また、そういった人は「仕事辞めたい・・・もう無理!」と思うこと自体が”甘え”なんじゃないか、と自分を追い詰めてしまったりもするんですよね。

 

私も、生保OLをしていた頃は世間体ばかりを気にして生きていたので、

「みんな頑張ってるのに、こんなことくらい乗り越えられなきゃダメだ。」

「きっと私が悪いんだ。辞めるなんて甘えだ。」

そんなふうに自分を叱咤して耐えていました。

ですが、「責任を持って仕事をするということ」と「自分を騙しながら限界まで無理やり仕事をすること」は全く違います。

心が限界の状態で仕事を続けていると、急に無気力になったり、体調不良を引き起こします。

これらはうつ病などの精神的な病気から、自分を守るために起こるものです。

もう無理、辞めたい!と思うことは甘えではありません。

 

自分を責めて、無理やり頑張っても悪化するだけ。

限界だと感じてしまったら今後どう対処していくべきか、を考えることが大切です。

そもそも自分と合わない・・・ということも大いにあります。

1番大事なのはあなたの健康な身体と心ですからね。

生保事務OL、辞めるという選択も大いにアリ

私は、我慢せず辞めて本当に良かった!と思うので、辞めることに反対はないですし、むしろそういった場所からは早急に撤退すべきだと思います。

 

世の中に仕事は溢れています。

今や大企業でも大幅人員削減によるリストラ、政府の副業推進、終身雇用の崩壊などでもはや生涯安心を約束された会社などありません。

ブランド企業にいなければいけない理由も固執すべき理由もないです。

我慢とストレスで自分を壊す結果となるのが、あなたの人生において一番のマイナスです。

自分で自分の人生の舵をきり、自分や自分の大切なひとを守れるような働き方、生き方をすべきでしょう。

 

私の場合は、副業で少しずつスキルを身につけて自分で稼げるようになってきたばかりという時期の退職だったので、少々焦りましたが・・・。

そうならないように、生保事務OLしていた頃から複数の収入源をもっと早くから持っておくべきだったと思います。

やはり、会社や誰かに依存するスタイルではどうしても他人軸で動かなければなりません。

来年どうなっているかもわからない、振り回されるだけとなってしまう状況はやっぱり不安が付きまといます。

 

人生において選択肢は複数ありますから、転職を重ねて自分に合って納得のできる職場を見つけることもいいと思います。

ただ、大事なのは、自分や自分の大切なものを守れるかどうかです。

まとめ。私はこれで生保事務OL辞めました

自分自身を他人によって蔑ろにされる、そしてその状況から逃れられず耐えるばかりの働き方というのは自分をすり減らすだけです。

自分にしかない他の可能性だって探せばきっとあるのに、その機会を捨て、1つに固執するなんて勿体無さすぎます。

だから、私は生保事務OLを辞めました。

一度しかない人生、そして自分自身を諦めないということを大切にしたいと思ったのです。

自分のままでいられる場所、自分のありのままを活かして貢献できる場所はそこじゃなかった。

どうせ未来はわからないんだし、やりたいことはやった者勝ちです。

 

そんなわけで、私は事務OLを辞めてそのままがむしゃらにビジネスをスタートさせました。

自分の人生を自分のチカラで生きていくために努力をしたおかげで、半年ほどで起業することができました。

自分の提供できる価値で喜んでもらえて、それが収入になって、

空いている時期に好きな人と好きなだけ温泉旅行を満喫、カフェ巡りを楽しんで、

心穏やかに過ごせる。

キラキラした私生活ではないですが、幸せだなぁと実感でき、毎日を丁寧に生きられるようになったと思います。

 

会社に勤めることだけがお金を稼ぐ手段じゃないんです。

自分で起業をする、といった選択肢もあるのだと、1つ、知っておいていただけたらきっと気持ちにも少しゆとりが出来るのではないでしょうか^^

 

私が生保OLを辞めた時のリアルな話や、そこから起業・独立して稼げるようになっていったストーリーを、メルマガにて配信しています。

これからについて思い悩んでいるあなたの気づきになれるかもしれません。

今なら、自分のチカラで自由に生きていくためのエッセンスが詰まった、月10万円得るビジネス初心者向けオリジナル教材のプレゼント付きで無料配信していますので、お気軽に登録してみてくださいね^^

▼【登録無料・限定プレゼント付き】※いつでも解除可能です

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございました^^

【働かない自由構築のために、今、働く。】

・スキルと知識を習得し、自分の価値を磨いてビジネス構築できる。

・思考、メンタル強化で物事の本質がわかる。自分と向き合える。

なりたい私になるための
7日間のガールズワークレッスン♪

▼【登録無料・限定プレゼント付き】※いつでも解除可能です

 

 

 

ABOUT ME
モモ
愛媛出身/乙女座/O型 副業・独立起業コンサルタント。 会社の人間関係が嫌でOL退職し起業。開始から半年足らずで月収80万達成。 より早く安定した資産を構築し、人生の多くをより豊かで充実した時間に充てる、「働かないために働く」をコンセプトに、コンサルティングをしています。 人生を変えたいアラサー女性を 全力支援・育成中。
RELATED POST